特集1:実際に試したサプリで私のおすすめ第1位は、 黒酢・黒にんにく・DHA&EPA配合サプリ「三黒の美酢」

今さら聞けない「抗酸化力」って何?

 

最近、よく耳にする「抗酸化力」や「抗酸化物質」。
なんとなく身体に良さそうだけど、結局どういうものなの?という疑問はありませんか。

 

抗酸化力というのはその名前の通り「活性酸素を除去するチカラ」。
抗酸化物質は「活性酸素を除去するチカラをもった物質」のことです。
例えば、リンゴは皮をむいてそのまま放置すると酸化して茶色く変色してしまいますよね。
同様に、人間の身体を酸化させる物質が活性酸素なんだとか。

 

 

 

活性酸素はシミやしわだけでなく、あらゆる病気の原因ともされています。
がん・脳卒中・心臓病・動脈硬化など現代人が悩まされている病気の9割に活性酸素が関わっているそうです。
活性酸素を増やす原因は喫煙・ストレス・紫外線・食品添加物・大気汚染など様々。
呼吸をするだけでも、体内では活性酸素が発生しているそう。
これでは、活性酸素を発生させない生活を送るよりも、発生してしまった活性酸素を除去する方が効率的。

 

そこで、注目されているのが活性酸素を除去する抗酸化力を持った物質なんです。
あまり良いイメージの無い活性酸素ですが、実は増えすぎることが問題であって、本来は身体に取って必要なもの。
酵素の働きをサポートしたり、体内を殺菌する働きもあるんです。

 

 

たくさんあって良く分からない抗酸化物質、どれが一番良いの?

 

抗酸化物質と言っても、その種類は様々。
代表的な抗酸化物質にはビタミンCやビタミンEなどのビタミン類、アサイーやマキベリーといったベリー系の果実に多く含まれるポリフェノール。
さらに、鮭の赤い色素アスタキサンチンやトマトの赤い色素リコピンなどなど。

 

活性酸素には大まかに分けて「スーパーオキシド」「過酸化水素」「ヒドロキシラジカル」「一重項酸素」の4種類があります。
中でも、最も毒性が強いと言われているのが「ヒドロキシラジカル」と「一重項酸素」。
老化を引き起こしたり、ガンの原因になるとも言われている活性酸素です。

 

 

 

ヒドロキシラジカルを除去する働きを持っている抗酸化物質が「ビタミンE」「βカロチン」「尿酸」「βグルカン」など。
一重項酸素を除去する抗酸化物質には「βカロチン」「ビタミンC」「ビタミンE」「リコピン」「アスタキサンチン」などがあります。
また、活性酸素を除去して抗酸化力を失った「ビタミンC」や「ビタミンE」の抗酸化力を回復させるαリポ酸。
元々、体内に備わっている活性酸素除去能力を持ったSOD(スーパーオキサイドディスムスターゼ)酵素を活性化させるスルフォラファン。
活性酸素を還元し無毒化する「水素」や「白金ナノコロイド」などがあります。

 

たくさんありすぎて、結局何が良いのか分からないというのが正直なところでしょうか。
そこで、数ある抗酸化物質の中から特に押さえておきたい3つを厳選しました。

 

 

抗酸化力+免疫力が期待できるアリシン

 

スタミナ食材としておなじみのニンニク。
実はニンニクも抗酸化食材の一つなんです。
ニンニクのあの強烈な臭いの元であるアリシンにはヒドロキシラジカルを無毒化する抗酸化作用があるとのこと。

 

さらにアリシンには免疫力を高める働きもあり、ガン予防や生活習慣病の予防にも効果が期待されている成分です。
また、アリシンはビタミンB1と結合するとアリチアミンと呼ばれる物質に変換されます。
アリチアミンは別名「活性持続型ビタミン」とも呼ばれ、疲労回復や体力増強に優れた効果を発揮します。
ちなみに、栄養ドリンク「アリナミン」の名前の由来はこのアリチアミンなんだとか。

 

 

 

にんにくと卵黄を組み合わせたサプリが数多くありますが、これは、アリシンとビタミンB1を効率良く摂取するためのもの。
「何となく身体に良さそうなものを組み合わせただけ」ではなく、ちゃんと根拠に基づいた組み合わせだったんですね。

 

そして、アリシンの抗酸化力をさらに高めたニンニクが黒ニンニクと呼ばれるニンニク。
黒ニンニクはニンニクを発酵させたもので、その名前の通り黒い色で、ニンニクのような刺激臭が無いのが特徴。
その抗酸化力はなんとニンニクの10倍。
アミノ酸やポリフェノールなどその他の成分も数倍から数十倍に増加するのだとか。

 

また、発酵させることで腸内環境を活性化させる働きも加わるそうです。
総合的な効果効能を鑑みても、ニンニクは現代人に欠かせない最強の食材と言えるかもしれません。

 

 

活性酸素除去におススメの黒ニンニク配合サプリメント

 

三黒の美酢

 

完熟発酵黒ニンニクに有精卵黄油・黒酢もろみを配合したサプリメント。
ニンニクは鹿児島県湧水町で無農薬栽培された福地ホワイト六片を使用。
ビタミンEを豊富に含む卵黄油、クエン酸を含む黒酢もろみ成分と併せて摂取することで、さらに高い抗酸化作用が期待できそうです。
また、カプセルにはDHA・EPAが配合されており、生活習慣病が気になる人にもピッタリ。
毎日の健康維持はもちろん、美容や将来の健康のためにも安心して続けることのできるサプリです。
毎月とくとくコースなら、初回限定価格980円で購入可能。

 

⇒⇒⇒ 三黒の美酢の体験談を見てみる【画像付き】

 

 

体内に留まって抗酸化成分を増やし続けるスルフォラファン

 

人間の体内には本来、活性酸素を除去する機能が備わっています。
それがSOD(スーパーオキシドディスムスターゼ)酵素と呼ばれている成分。

 

しかし、このSOD酵素は年齢と共に減少してしまうのだとか。
また、抗酸化成分の多くは、体内で活性酸素を除去すると抗酸化力を失ってしまいます。
つまり、年をとると、身体の外から抗酸化物質を補わなければ、活性酸素除去が追いつかない状況になってしまうんですね。

 

ブロッコリースプラウトに豊富に含まれるスルフォラファンには、このSOD酵素の生成を促進する働きがあります。
その効果は、なんと体内に入ってから約3日も持続するんです。

 

 

 

活性酸素の影響を最も受けやすい臓器が「肝臓」。
肝臓の解毒作用をする際に必要となるのがグルタチオンと呼ばれるアミノ酸の一種です。
スルフォラファンはこのグルタチオンの生成も促進する働きがあり、肝臓の解毒作用を高めてくれることでも有名。

 

グルタチオン自身、大変強力な抗酸化物質で肝機能を高める他にも、シミやシワを防ぐ美白効果や、白内障などの眼病を予防する働きがあると言われています。
グルタチオンそのものを補うことができれば手っ取り早いのですが、残念ながら日本ではグルタチオンは医薬品として取り扱われています。
そのため、グルタチオンそのものを補うことはできません。

 

グルタチオンの生成を促進するスルフォラファンは、お酒を飲む機会の多い人はもちろん、美容が気になる女性にも最適な成分と言えそうです。

 

 

活性酸素除去におススメのスルフォラファン配合サプリメント

 

カゴメ スルフォラファン

 

トマトジュースでおなじみカゴメのスルフォラファンサプリメント。
1日の摂取目安量3粒でスルフォラファングルコシノレートを30mg配合。
ブロッコリースなら1株、ブロッコリースプラウトなら1.5パックに相当するスルフォラファンを手軽に補えるサプリ。
カゴメだけの国際特許技術でブロッコリースプラウトからスルフォラファンを効率的に抽出。
飲みやすい小粒のカプセルタイプです。
初めての注文に限り、半額の2,143円で購入することができます。

 

⇒⇒⇒ スルフォラファンの体験談を見てみる【画像付き】

 

 

身体のすみずみまで浸透して活性酸素を無害化する水素

 

水素の最大の特徴は分子量が大変小さく、宇宙最少であること。
そのため、他の抗酸化物質には到達できない細胞内部や脳にまで浸透し、少量で効率良く活性酸素を除去することができます。
その抗酸化力はなんと、ビタミンCの約180倍、ポリフェノールの約200倍、ビタミンEの約400倍にも匹敵するのだとか。

 

また、活性酸素には悪玉活性酸素と善玉活性酸素の2種類が存在します。
水素は、悪玉活性酸素にだけ作用し、善玉活性酸素には危害を与えないのも、他の抗酸化物質とは異なるポイント。
水素は体内で活性酸素と結合し、無害な水になって体外に排出されるのだとか。

 

しかし、水素のメリットでもありデメリットでもあるのが、その分子の小ささ。
水素の分子はとても小さいため、ペットボトルの容器を通り抜けてしまうそう。
水素水を購入する際には、水素が抜けないアルミ容器に入った商品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

しかし、アルミの密閉容器に入った水素水でも、一度開封してしまうと、どんどん空気中へ水素が逃げてしまいます。
開封後はあまり時間を置かずに、なるべくすみやかに飲みきってしまうコトが大切。

 

最近では、水素をイオン結合させて粉末化したサプリメントも多くあります。
焦って飲み干す必要が無いという点では、サプリの方が良いかもしれません。
また、水素はビタミンCやビタミンEと併せて摂取することで、その抗酸化力をさらに高めることができるそうです。
水素は医療分野への応用も進められているということで、その効果もかなり期待できるのではないでしょうか。

 

 

活性酸素除去におススメのおススメの水素配合サプリメント

 

ナチュラ水素

 

カラダに水素は水素発生原料、マイクロクラスターを配合した水素サプリ。
マイクロクラスターはクエン酸カリウム・炭酸カリウム・二酸化ケイ素(シリカ)・硫酸マグネシウムの4種類のミネラルを体内で水分と合わせることで大量の水素を発生させるというもの。
体内で水素を発生させることができるので、水素の蒸発を気にすることなく摂取することが可能。
一般的なアルミパウチの水素水の濃度は、高濃度とうたっている商品でも1.0ppm。
一方、カラダに水素は、なんと1.6ppmもの水素を発生させることができます。
水素水のように保管場所をとらずに、一気に飲み干す必要も無いので、手軽に続けやすいのが大きな魅力。
お買得コースなら初回50%オフの半額で購入可能です。

 

⇒⇒⇒ ナチュラ水素の体験談を見てみる【画像付き】

 

 

更新履歴